ブログトップ

ひねもす のたりのたりかな

cosmico.exblog.jp

カテゴリ:美しいもの( 22 )

花束

いま描いているのは、昨日編集さんに頂いた花束。
ありがとうございます!!
c0149898_17203114.jpg

セルリア・カーネーション(ダークテンポ)・ブラックベリー・アフリカンブルーバジル
[PR]
by contenta | 2009-08-07 17:22 | 美しいもの

HEAL THE WORLD〜Michael Jackson〜

この人の本質が、魂の輝きが分かる。
この曲を聴けば。
なんと繊細で美しい心を持った人であったことだろう。


[PR]
by contenta | 2009-07-12 02:18 | 美しいもの

5月8日夕刻の虹

とっても今更で恐縮なんですが。

美しいなあ…。
残念ながら私は見逃しました。
http://mainichi.jp/select/wadai/graph/20090508/4.html
[PR]
by contenta | 2009-05-12 03:44 | 美しいもの

ありがとう、キヨシロー

やっと落ち着いてきた。

テレビ。
ほとんど民放を見ない上に、昨日はネットでもニュース読まず。
今朝起きてシャワー浴びて、そのままテレビをつけずに仕事部屋へ引きこもり。
昼頃になって“爪を切ろう”と思い立ち、仕事が休みでくつろいでいた相方のいる和室へ行くと、ついていたテレビにキヨシローが映っていた。

私は笑顔で言った。
「あ〜!キヨシロ〜!!!」

すると相方が言った。
「死んじゃったんだね」
と。

え……?

ナニ言ってんの………?

ワケガワカラナイ

私は立ち尽くしたまま、テレビを凝視した。

『忌野清志郎氏、癌に死す』 ?


人って、本当に驚くと、身動き出来ないものなんだなあ。
ぼんやり思って、そして私はその場を全く動けずに、立ったままでテレビを見つめていた。

キヨシロー。

もう、会えない。

でも泣けなかった。

泣けなかったのに。

“デイドリームビリーバー”が流れた、その瞬間。

涙がこぼれ落ちた。


清志郎の訃報を伝えるニュースが終わると同時に、くるりと踵を返し仕事部屋へ戻った。
そしてただただ泣いた。
止まらない涙であった。

正直、自分でもびっくりだ。

これほど泣けるものなのか。
最後にこんなに泣いたのは、いつだったっけ?

自分がどれ程キヨシローを好きで大切に思っていたか、骨身に沁みた。


愛と反骨精神の持ち主だった。
志の高い人だった。
お茶目でチャーミングだった。
繊細でシャイな人でもあった。
歌を、音楽を、愛していた。

私は何度も何度も何度も、勇気をもらった。
立ち上がる力をもらった。

ありがとう、キヨシロー。

泣いて引き止めるのは止めようと思う。
きっとまだ何度でも胸は詰まるだろうが、でも止めたいと思う。

だってキヨシローは不自由な肉体を離れて、いま、自由に羽ばたいているだろうから。

人生は長さじゃない。
いかに生きたか、だ。


私も存分に生きよう。
好きなことを思う存分やり続けよう。
愛をもって。


ありがとう
ありがとう
ありがとう
ありがとう

清志郎、心から、ありがとう。


僕らはみんな  びとりぼっちじゃなぁ〜い


[PR]
by contenta | 2009-05-03 19:28 | 美しいもの

花道…!

c0149898_2305013.jpg
c0149898_231892.jpg


先週の武蔵野公園。
桜の花びらが舞い散っておりました。
 
美。
[PR]
by contenta | 2009-04-27 23:02 | 美しいもの

ケーキの後は、嗚呼ダイエット

C3がいいのである。

甘い物をほとんど食べない(ようにしている)私なので、どんな店の何が流行っているのか全く分からない。

そんな私の、数少ないお気に入りがC3である。

こちらはバレンタインに購入したもの。

c0149898_1436157.jpg

c0149898_14361459.jpg


勿論これらも美味しかったんだけど、でも個人的には定番のシュークリーム(ビーニェ)とティラミスがより好みであった。
ちなみにお値段はシュークリーム¥210-、ティラミス¥420-。
お手頃価格な上に美味。


それにしても子供の頃から必ず、甘い物を食べると塩昆布が食したくなるのはなんでなのか。


ところで。
この一ヶ月でデブに拍車がかかった。
大げさでなく、マズイ。
これから薄着になるのにヤバイ。
洋服にワンピースやチュニック類が増えた為に体のラインを意識しなくなり、完全に気が抜けているのだ。

久しぶりにビリーの手を借りよう。
借りなければ。
貸して頂こう。

ビリーに鍛え直してもらって、相方に「肉まん」と言われた腹をペッタンコにしてみせる。
みせますとも・・・!(怒)
[PR]
by contenta | 2009-02-16 14:46 | 美しいもの

石頭鍋を食らう

仲良しの編集者で食べ飲み友だちでもあるいつものYさん、Mさん、Fさんと六本木で鍋の夕べ。

Mさんご推薦の“石頭鍋”というやつを、初めて食す。

石頭鍋とはなんぞや?
詳しい事はこちらをどうぞ。
http://r.tabelog.com/tokyo/A1307/A130701/13006052/dtlrvwlst/

胡麻油がたっぷり入った石の鍋に、豚牛蟹に野菜がドッサリ。
熱々を、アフアフと食すのである。

こんなにも大量の胡麻油が……!
と一瞬怯むが、全く脂っこくなく、散々食べたその後もスッキリ。
胡麻油って体にいいのであろうを実感。
翌日の肌ツルピカを夢見て眠れそうである。

年に一度、寒いこの時期に、気の合う仲間と食したい。
そんな鍋でありました。

二軒目は焼酎バーへ。
久しぶりに“野うさぎの走り”と“百年の孤独”を頂く。
旨し。

楽しい時間はあっという間に過ぎ行く。
食べて笑って飲んで、気がつけば終電。

次はポルトガルか。
桜の時期にはまた拙宅で・・!
[PR]
by contenta | 2009-02-10 23:59 | 美しいもの

ORIGINAL LOVE - PRIMAL

こんな雨の日に、しっとりと合う。
そんな曲。

美しい。

http://jp.youtube.com/watch?v=CTxsI0yf_Ug
[PR]
by contenta | 2009-01-30 15:41 | 美しいもの

愛する歌

IZ - Over the Rainbow / What a Wonderful World

これを聴く度に何度も何度も涙し、救われ、そして一歩を踏み出す勇気をもらったのでした。
映画『小説家を見つけたら』のエンディングで流れる曲でもあります。

そうして彼は、この美しい歌声を残して、虹の遥か向こうへと逝ってしまった。


[PR]
by contenta | 2008-10-15 23:10 | 美しいもの

In My Place / COLDPLAY



何年も前、この曲がラジオから流れてきた時、思わず絵を描く手が止まったことを覚えている。

私の音楽(洋楽)人生は、70年代ロックでほぼ止まっていて、それ以降は“この曲はとっても好きだけど、だからと言ってこのミュージシャンのファンと言えるほどではない”という感じだったのだ。
曲は骨身に沁み込むほどに聴き込んではいても、はて?演奏しているのは誰だったか? というような。
最後にーーとは言っても、もう25年近くも前なんだがーーファンになって、そして今でもしばしば聴くのはU2くらいなものか。
でもそのU2とて、荒削りで力強い初期の方がうんと好き。

私にとって80〜90年代は、洋楽不毛の時代であったと言える。
ラジオから流れてくる多量の様々な曲が、ただ通り過ぎていったような感じ。
稀に自分の中にストン、と落ちてくる曲はあっても、それも長くは留まってはいない、というような。

そんな中にあって、COLDPLAYは久しぶりに、本当に久しぶりに好きになった海外の若手ミュージシャンであった。
グループ名も覚えたぞ!曲名も言えるぞ!CDも買ったんだぞ〜!なのである。

新曲“Viva la vida“も素晴らしいが、個人的には“In My Place”の方が好み。
美しい。
沁みます。
[PR]
by contenta | 2008-09-12 11:00 | 美しいもの