ブログトップ

ひねもす のたりのたりかな

cosmico.exblog.jp

<   2008年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

『もののけ姫』の“こだま”

友達の友達が屋久島に行った時に撮った写真。
c0149898_22135543.jpg

「なんじゃ?!こりゃ………?!?!」と思って霊能者なる人に聞いたら、“こだま”だと言われたそうです。
滅多に写らない(そりゃ、そーだろーー)とってもいいもので、そして持っていると縁起が良いと言われたそうな。

正直、最初に見た時は「合成だろ?」と思いました。
でもきっと“こだま”は実在するのね。
そして宮崎駿さんたちには、これが視えたのね。

以前から屋久島にはとってもとっても惹かれています。
これを見て、ますます行きたくなりました。
[PR]
by contenta | 2008-01-31 22:20 | 美しいもの

正月は毎年恒例の…

なんたって、箱根駅伝と大学ラグビーである。

手に汗握って感涙号泣してしまうのである。
そして思う。

「君たちはどうして走るのか、そんなにも苦しいのに…」と。

命がけで走っているかのようだ。
襷をつなげるために。
ただ、走る。
限界を超えながら、走っている。
時にその襷は途絶えてしまう。
その無念を思うと、切なくてやりきれない。

蹴ったら最後、どこに転がっていくのか分からない楕円のボールを、君たちはただ繋ぐ。
繋いで、繋いで、繋いで行く。
トライを決めるその一瞬の為に。

駅伝もラグビーも、仲間を信じて託していく、手渡して行く、繋げていくというところが似ているのかもしれない。
「いいなぁ」と思う。
一人では決して成し得ない事だから。

私は命がけで絵を描いているんだろうか。
自分に問うてみる。
なんだか自信が無い。

子供の頃はうんと年上のお兄ちゃんたちがテレビの向こうで走っていた、ボールを繋いでいた。
いつか彼等は同級生となり、いつの間にか年下になり、今や息子のような年齢だ。
でも年は関係ない。
私はうんと幼かった頃から彼等に教わっているのだ。
けっして諦めないという事を。
希望は捨てない、という事を。

だからこれからも必ず観るだろう。
息を詰めて、ドキドキしながら応援するんだろう。
正月の箱根駅伝と大学ラグビーを。
その煌めきに胸を焦がしながら。
[PR]
by contenta | 2008-01-03 20:48 | 心に残ったもの

振り返ってみた

昨年一年間を、そぅ〜〜〜〜・・っと振り返ってみた。

○1月
東京に戻って来てまだ1ヶ月ちょっと。
ネオン渇望中につき、呑んだくれまくる。

○2月
東京に戻って来てまだ2ヶ月ちょっと。
まだまだ呑み足りず、呑んだくれまくる。
そして二日酔いの度に『神様…、もう二度と酒は呑みません……』と嘘をつく。

○3月
そろそろグループ展が近づいてきた。
まずい。
たしか仕事も佳境に入っており、ほとんど眠れない日々が続いていた。
なのにしばしば脱走してまだまだ呑む。

○4月
今月はグループ展だ…!
まったく何もやっていないので流石に焦り始めた。
家に引きこもり寝食を忘れて描き続ける。
展覧会当日、キングコングの西野君がふらりと入って来て驚愕!狂喜乱舞する。

○5月
グループ展は終わり仕事も一段落し、燃え尽きて灰になる。
何もする気せず、屍となり果てる。

○6月
私がエセ屍になっていると、母が脳梗塞&脳内出血で倒れた。
どひゃ〜〜〜〜!!!である。
母の方が本物の屍になりそうな感じである。
葬儀屋を捜しつつ見舞うという矛盾した毎日。
家と病院の往復だけで日々過ぎていく。
さすがに呑めず、肝臓は持ち直す。

○7月
母が奇跡の回復を果たし、更に見舞いの日々は続く。
いつ病院から連絡が入るか分からない為、呑んだくれる訳にも行かず、ますます肝臓は元気になる。
しかしその分、ストレスはたまっていく。

○8月
見舞いをしつつ、絵本の仕事もしつつで大車輪。
頭がぐるぐるする。
なのに車で新潟に行ったり、尾瀬を歩かされたり、伊豆にドライブしたり(注:運転はすべてわたくし)。
肉体が限界を超え始める。

○9月
絵本になかなかOKがもらえず、悶え苦しむ。
「いっそ、脱走…」という考えすら過る。
容態が安定した母が近所の病院に転院となる。

○10月
直し続けていた絵本にようやくOKが出て、放心する。
「もっと力をつけなければ…!」と心底思う。

○11月
仕事仕事仕事。
下旬、大風邪引いてまったく呑みに行けず。
忘年会の予定も全てキャンセルする。

○12月
母が介護保険施設に転居。
ほっと胸を撫で下ろす。
撫で下ろした途端、母は車椅子から落ちて顔面強打するわ、ノロウィルスにかかるわ…。
ひぃいいいい〜〜〜〜〜〜。
と思っていたら、私は風邪から軽い気管支炎に移行しゲホゲホ…。
そして迎えた誕生日。
起き上がったり頭を振ったりすると天井がグルグル回ってヨロヨロ、呑んでないのに酔っぱらい状態。
こりゃおかしい、メニエル病か?と思い、「めまい外来」というのを見つけて受診すると、首の骨が有り得ないくらいズレている上に潰れているのが原因だそうな。
先生曰く『君の年で、こんなにヒドイ状態の人を診たのは初めて!まるで老人の様』なんだそうな。
おまけに『プロレスかレスリングでもやってた?』とまで….
やってませんってば…!
『骨がズレて潰れているのって治るんですか?』と聞いたら、
キッパリと『治らないね!』と言われた。
がびょ〜〜〜ん。
三半規管も少々おかしいらしい。
もー、ヨレヨレっすよ、わたし。
誰かなんとかしてーーーーーーーっ
それでも薬とストレッチのおかげで、目眩は治まりつつある元日の今日。

………。
という一年でありました。
やりたい!と思う事の半分もやれなかった感じ。
でも酒だけは充分過ぎる程呑んだ、最初の3ヶ月で。
うむ、満足である。

今年も出来る限り親孝行、そしてもっともっと絵も描くし、仕事もする。
人間、いつどうなるか分からない。
両親を見ていて実感した。
ただやりたいことを、思う存分やるだけである。
[PR]
by contenta | 2008-01-01 19:04 | 徒然

あけましておめでとうございます

この一年が実り多いより良き年となりますよう。

愛と感謝を込めて

c0149898_189431.jpg

[PR]
by contenta | 2008-01-01 00:00