ブログトップ

ひねもす のたりのたりかな

cosmico.exblog.jp

<   2008年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧

ドキュメンタリー映画<ブラインドサイト>

ブラインドサイト 小さな登山者たち デラックス版
/ ジェネオン エンタテインメント





大抵の場合、お昼を食べる時は、テレビの前にドッカと座ってCS放送を観ている。
「フーディーズTV」(一日中何かしらの料理番組をやっている!)や「アニマルプラネット」(一日中動物番組をやっている!)、あるいは海外ドラマなぞ。

先日もそうであった。
前日の残り物(ラフテーと味噌汁)をテーブルに用意し、テレビのスイッチをオン。
何を観ようかなー、とリモコンをイジくっていたらたまたま写ったのが『ブラインドサイト』なる映画であった。

映像を観たその瞬間に、グイッと引き込まれた。
チベットの盲目の少年少女6名がエベレスト登頂を目指すというドキュメンタリーなのだが、なにしろ子供たちが素晴らしかった。
子供ってスゴイ。
何がスゴイって、生きているエネルギーがビシビシと伝わってきたところ。
生き生きと「今」を生きている。
どこまでも真っ直ぐに。
という感じ。

残念なことにラスト30分しか観ていないのだが、妙に心に残る映画だった。
CSって、良くも悪くも再放送が多い。
「またやってるよ・・」というくらい、巻き返し繰り返し、やる。
でもこの再放送は楽しみに待ちたいと思う。

そういえば、エンディングで男の子がHappy Togetherを歌っているんだが、これがまた、ナンとも良いのである。


なんだかサエないな〜という時や、クヨクヨウジウジしてしまった時にこれを観ると、モノの見方が変わるんじゃないだろうか?
ま、変わらないまでも、まずは一歩を踏み出してみるべかと思える、そんな映画でございました。
[PR]
by contenta | 2008-11-27 12:43 | 心に残ったもの

小学校の友だちと:展覧会の巻

もう10日も前の事であるが、小学校以来の友人である佐古百美さんと一緒にちひろ美術館で『茂田井武展』、国立新美術館で『ピカソ展』を観て来た。

まずは、昨夏以来のちひろ美術館へ。
昨年はここで大好きな敬愛する『初山 滋展』を観たのだ。
繊細な線や美しい色彩に胸を震わせながら。

今回は『茂田井 武展』である。
私の中で「セロひきのゴーシュ」と言えば、茂田井氏の描いたそれである。
温かで力強い絵は、他の誰が描いた「セロひきのゴーシュ」よりも私の胸に届く。
この人のでないと、なんでか私には響いてこないのだ。
今も私の手元には、子供の頃に買ってもらった茂田井 武:画の「セロひきのゴーシュ」がある。
何度も何度も繰り返し読んだので、擦り切れて汚れてしまったが、大切な大切な1冊だ。
だから今回の展覧会、とてもとても楽しみにしていたのであった。

さて、佐古百美ちゃん(以下モモちゃん)であるが、小学校6年の時のクラスメートである。
モモちゃん曰く、6年の一年間だけを共に過ごしたんだそうだが、もっとずっと長いこと一緒に遊んでいような記憶がある。
きっと一緒だったその一年は、私にとってものすごく濃い一年で、だからずっと一緒にいたような感じがするんであろう。
二人、いつでも絵を描いて遊んでいたように思う。
私は地元の中学に行かなかったのでそこで一瞬縁は途切れるが、私の高校がモモちゃんの高校の隣の(というよりもほとんど同じ)敷地にあったり、大学こそ違えど同じように日本画を専攻していたりと、なんだか細く長く繋がっていたのだった。
そして今、漫画が大好きだった子供たちは大人になって、互いに絵を生業としている。
不思議な長い縁であることだ。
彼女はこの数年、絵本の分野でとても活躍していて、私はいつでも刺激を受けている。
怠け心がニョキニョキ〜っと顔を出した時、彼女のことを思い出すと「あ〜、私も頑張ろう!」と思える。
同世代で刺激を与えてくれる数少ない絵描きの一人である。

彼女の描くとても愛らしい絵は、多くの人々を魅了し、あたため、和ませていることであろう。
素晴らしいことだ!

彼女が素晴らしいのは絵だけではない。
その人柄がまた素晴らしい。
売れに売れていても、昔と何も変わらずに優しく穏やかで和やかなのである。
子供の頃からそうだったように思うが、彼女はバランスがいいのだ(と私には見える)。
いつまでもグラグラグチャグチャウロウロやっている私とは大違い。
とても、自然体な感じ。
人として、女性として、綺麗だなあと思う。
そういう人と友だちで良かったなあ、ありがたいことであるなあと思う。

そのモモちゃんと行った茂田井武展である。

おおらかで温かくて、懐かしくて美しい原画。
心にぽわ〜・・っと明かりが灯るような絵なのである。

なかでも目を奪われたのはパリ滞在時に描かれたスケッチの数々。
モモちゃんと二人「これはどうやって描いたんであろうか」と検討した結果、“タンポ”を使ったんであろうという結論に達した。
皆さんはやったこと、ありますか?
小学校の時に、ガーゼに綿を詰めてテルテルボーズみたいなのを作って、それに絵の具を付けてポンポンと叩いて絵を描きませんでしたか?
たぶん、そういう技法を用いて描かれたであろう絵が、本当に美しくて。

このパリ滞在時の絵を集めた『ton paris』という画集があるんですが、すでに絶版。
ネットで探しても、絶版。
でもねー、見つけたんですよ、amazonで。
定価¥3914の本が、¥14000くらいで売られてましてね。
迷いましたが、購入しちまいました。
1−2回飲みに行ったと思えば・・って気持ちで。

結果、買って良かった。
美しい。
目を奪われる。
飽きない。
うっとり・・でございます。
モモちゃ〜ん、買っちゃったよ〜〜〜(笑)

茂田井氏の絵に心奪われ、いわさきちひろ氏の巧さに舌を巻き、美術館で食べた“おやき”に腹一杯になって、次に向かったのは国立新美術館。
今まで観た事がないようなピカソの作品がたくさん並んでいた。
ま、ピカソのことは書かなくてもいいや。。

絵を堪能し、子供の頃の話しに花咲かせ、絵の話しもたっぷりとし、腹一杯。
歩き疲れて日も暮れて、次の再会を楽しみにモモちゃんと別れて家路へと向かったのでありました。

濃く楽しい幸せな一日をありがとう!
子供の頃の友だちっていいものだなぁ。
しみじみと思ったことでした。

さて次の日には、これまた小学校の同級生であったY君のライブに行ったのですが、それはまた今度書きますわ。
[PR]
by contenta | 2008-11-25 16:00 | うれしいこと

がびょん

書いたものが全て消去されてしまった・・・!
わたくしは、いったい何をやったのであろうか。

ザックリ言って、「LOST」シーズン4は面白いよ〜!ってことを書いたんですがね。
ええ、そりゃあもう、丹念に、事細かく書いたんですがね。
ええ・・・。

現在CS放送の“AXN”で絶賛放映中でございます。

ふぅ。。。
[PR]
by contenta | 2008-11-25 14:28 | 徒然

お久しぶりです

チョモランマ登頂したのち、富士山にも登り、今は高尾山登っているところでございます。
仕事の話しです。
実際に登った訳ではございません。
当たり前です。
あくまでもイメージとして「登ったな〜・・・」って感じなんでございます。

コツコツやっていればいつか終わるものなのね、とまたまた実感いたしました。
嗚呼、積み重ねていくことの大切さよ。
ま、これもまた当たり前のことなんですが。

仕事の合間の楽しみも、ちゃんとございました。
小学校の友だちでイラストや絵本を描いている佐古百美ちゃんと一緒に展覧会を巡り、これまた小学校の同級生でミュージシャンのY君が出演しているライブを観に行ったり。
もう一週間も前の事なんですが、このあたりのことはまたゆっくりと書かせて頂きたいと思っています。

じゃ、仕事します。
[PR]
by contenta | 2008-11-23 18:23 | 徒然

凍えます…

今週、この冬(もう冬ですよね?秋じゃないですよね?)初めてウールのコートに袖を通しました。

相方に至っては、ダウン着てます。
今からあんなに着込んでいて、この冬の寒さを乗り切れるのだろうか?彼は…。

みなさま、どうぞご自愛くださいますよう。


それにしても、酒に弱い。
昨晩はワイン1,5杯くらいで、もう充分な感じ。
週末は友人たちに会うことになっており、飲むのは決定事項。
それまで禁酒した方がいいのか…?
[PR]
by contenta | 2008-11-12 16:21 | 徒然

弱くなっている

酒に・・・。

昨日は出来上がったイラストをKOSEと家庭画報に渡し、銀座で行われていた堀文子先生の個展を拝見して心洗われ気が引き締まり、その後、時々お仕事をご一緒させて頂くデザイン事務所を久しぶりに訪ねた。
半年前に移転された事務所は、隅田川・レインボーブリッジ・お台場の観覧車を一望する素晴らしい立地のマンション。
窓の外に広がる煌めく夜景が見事。

ボスが音楽をかけ、部屋の灯りまで落としてくれて、なんともムーディ。
「仕事する気なくなりますね〜」と笑いあう。
ワインでも飲みたいような気分になったことであった。
もちろん酒を飲むこと無く、帰宅。

デパートで買って来た中華総菜と鶏の唐揚げを食べつつ、缶ビール、缶チューハイ、焼酎お湯割り、相方が買って来た白ワインを1杯ずつ飲む。
この時、頭の片隅に嫌な予感が、微かにだがあったのだ。

そして今朝。
その予感的中。

頭が、痛い。
右側だけ、痛い。
まるで心臓が頭にあるかのように、ドックンドックンしている。
イテテテテ・・・

あの程度で二日酔い。
疲れていたからなのか、あるいは弱くなったからなのか。
いずれにしても控えよう、酒。

酒呑む時間を、絵に使おう。

アイテテテテ・・・・。
[PR]
by contenta | 2008-11-11 15:40 | 徒然

ジョナサン・ケイナーの星占い:今週の山羊座

11月8日(土)〜14日(金)のあなたの運勢

 あなたの周りにいる人々は、あなたがどれだけ一生懸命に働いているか知りません。彼らはあなたが多大の労力を注いでいることを知りません。細かな点に気を配っていることに気づいていません。あなたは完ぺき主義者です。努力の対象が人であれ、状況であれ、全力を尽くすことをちっとも気にしません。あなたの選択肢は二つに一つ、精魂を込めて最後までやり遂げるか、何もしないかのどちらかです。

 あなたのそんな性格が不利に働くことがあります。でも今は木星が山羊座を通過中ですので、あなたの努力は報奨をもたらすでしょう。大いにこだわってください。断固たる態度で臨んだら、驚くほどの成功を治められるはず。

☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆

大笑い!
まさに私の『選択肢は二つに一つ、精魂を込めて最後までやり遂げるか、何もしないかのどちらか』なのでありまする。

恐るべし、ジョナサン。

ちなみに今の私は「トコトンやるバーション」であります。

さて、いつまで続くかなー?
[PR]
by contenta | 2008-11-07 22:06 | 徒然

African-American President

ここには政治や宗教のことは書かないことにしていた。
私はどの政党にも宗教にも所属していないし、人それぞれでいいと思っているからだ。
でも今日は書く。


他国のことであるのに、何故こんなにもワクワクするのであろうか。

やっとブッシュの時代が終わった。
終わった。
ついに、だ。
長かった。

昨晩(アメリカでは朝)のCNNで、街頭インタビューされているアメリカ人がこう言っていた。
「ブッシュの8年はあまりにも長かった」
その人は、ブッシュに投票しなかったのかもしれない。
それでも、あのブッシュを再選させたのは貴方たちだろう。
思わずテレビに向かって突っ込んだ私である。

ああ、ブッシュの時代が終わった。
もうあの悪魔の顔を見なくてもいいのだ。

ブッシュ政権最期の時に金融危機が起こったのは、何とも象徴的だ。
そしてブッシュがあれほど酷くなければ、この劇的な変化、アフリカ系アメリカ人の大統領の誕生はもっと後になったかもしれない。
人は、最悪を知ったからこそ、最善を選ぶものなのだ。

私はアメリカに強い思い入れはない。
アメリカのドラマはよく観るし、文化にも興味はある。
アメリカ人の友人も居る。
でもどちらかと言えば、苦手な国なのだ。
それでも今回の大統領選を見ていると、あの国の人々は変化を恐れず、そして変化を受け入れられる国でもあるのだなあ、と思う。

自国に置き換えて考えてみればよく分かる。
沖縄に留学していたアフリカ人が日本人女性と結婚し、その間に生まれた子供が今の日本の首相になるのと同じことだ。
そういう人を日本という国は選ぶだろうか?


オバマ氏は何度も何度も繰り返していた。
ーーYes,We can!ーー
と。

期待が大きい分、落胆することもあるかもしれない。
でも、とにかく、ブッシュの時代は終わったのだ。

私が個人的に興味があるのは、これからアフガニスタンに対してどうしていくのか、である。

さて、日本はどうであろう。
そして私はどうであろう。

私はオバマ氏と同年生まれである。
アフリカ系アメリカ人、1961年生まれ。
そういう人が、アメリカの大統領に選ばれた。

彼の無事を祈る。
[PR]
by contenta | 2008-11-06 15:20 | 徒然

家庭画報よりお知らせです!

気の合う呑み友だちでもある編集さんが多い世界文化社が発行している家庭画報
別にわたくしは、世界文化社の回し者では決してないのですが…。

以下、家庭画報の仲良し編集さんからのお知らせでございます。

☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆

現在、一年間ご購読予約を頂けると『崇山堂はしもと』のオリジナル和紙レターセットが付録で付く上に、なんと送料も無料!

そして実は1月号から1050円→1100円に値上がりするのですが、据え置きの1050円のままで1年間OK・・という特典もございます。

家庭画報を読みたい!! 
そして連載が始まる『帯津先生と加賀美さんの対談』を是非とも1年間読んでみたい!!
という方、今がチャンスです。

ドシドシご応募くださいませ!

☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆

購読予約をしたいと思われる方がいらっしゃいましたら、私にご一報頂ければ画報の編集者にお伝えいたします。
ちなみにこの件では、私には何のマージンも入りませんからね(笑)

どうぞよろしくお願いいたします!
[PR]
by contenta | 2008-11-01 00:00 | お知らせ