ブログトップ

ひねもす のたりのたりかな

cosmico.exblog.jp

<   2009年 07月 ( 16 )   > この月の画像一覧

『おひさま』9月号

大島弓子氏のチビ猫(綿の国星)が載っていた頃からの『おひさま』(小学館刊)ファンであった。
そしていつかここに描きたいと思っていた。

最初に営業に伺ったのは何年前であったか。
その頃はまだ、“絵本を描いていく”という明確な意志や強い思いがなかったと思う。
いやまあ、今もキッパリ言い切れる程の強い気持ちがあるんだか、ないんだか。
いつだって迷路に迷い込んだような心細さはある。
これを書くと笑われるに違いないが、未だに「絵でやっていけんのかよ〜?」と思うし。
いや、本当にそう思うんですよ。
特に最近は自信の無さ全開だ。
なんで思うように描けないんだろう?と途方に暮れてばかりいる。

それでも大学を卒業した時に“一生、絵だけで食っていく”とだけは決めたので、そしてそれは今でも変わらないので、超スローペースながらも続けている次第。

さて、そんな私が『おひさま』に営業に行く事、2回。
二度目は半年ほど前であったか。
この時は小学館の別部署に売り込みに行く友達の付き合いで行って、そのついでに『おひさま』の編集さんに絵を見て頂いたのであった。
“バリバリ売り込みにきました!”ではなく、この緩い感じが良かったのであろうか?
今回のお仕事へとつながったのである。

編集さんからご連絡を頂いた時は嬉しかったなあ!
わぁ〜〜〜〜!と思って。
やったあ〜〜〜〜〜!!と思って。
あのワクワクウキウキした気持ちは忘れないでいたいと思う。

編集さんに助けて頂きながら描いたのは『したきりすずめ』。
文章は三木卓先生。
三木先生の優しいリズム感のある文章を壊す事無く描けたであろうか?
子供たちは楽しく読んでくれるかな?

出来上がった本を手に“いまだったら、もっとこうしたな”とか“ああ、ここは弱いな”など反省もするが、『おひさま』に自分の絵が載った事は素直に嬉しい。

ご笑覧頂ければ幸いです。

c0149898_2151867.jpg

[PR]
by contenta | 2009-07-31 21:51 | お知らせ

黒崎茶豆届く、の巻

新潟の従兄弟が送ってくれたのであった。
うしししし〜〜〜〜。
東京のスーパーで買う枝豆とは、全くの別物なんである。
味が強くて濃くて、茹でると枝豆の香りが部屋一杯に広がるのだ。

相方のご両親も送ってくださった、従兄弟もこうして送ってくれた。
それでも満足することなく、自分でも3㌔くらい頼んでしまうという。

“私の肉は、枝豆で出来ているの”
と言ってもいいくらいの食いっぷりだ。

食いしん坊魂爆発の、夏の楽しみのひとつである。

c0149898_16365882.jpg

[PR]
by contenta | 2009-07-31 16:40 | 美味しいもの

河口湖の温泉に行ってきた、の巻

相方が休日の前夜、何処かに行くべか、と話していた。
候補に挙がったのは以下。

・プール(地元orホテルor流れるプール的なもの)
・温泉(地元or湯河原)
・海(真鶴〜熱海)

海に行くなら早起きしないとダメだよ!と私。
早起き、とは言ってもヘタレな二人なので、9時頃なんであるが。
9時ならいつも起きているんだから大丈夫、と相方。

結果。
9時半頃起きたであろう相方。
その時一度起きたものの、二度寝に沈んで昼に起きた私。
であった…。

なんかもー、めんどくせ〜〜。
家でゴロゴロゴロゴロゴロゴロ…、でいいんじゃね?な私に対し相方は行く気満々。
しかも、遠出。
新鮮な魚が買いたいらしく、湯河原が希望。

あう。
運転するのはアタシなのに。

はいはい、分かりました、行きますよ〜、運転しますよ〜。
でも湯河原はイヤ。
川崎街道→東名→小田厚は面倒。
魚は諦めてくれ。
中央道ならいい(インターがすぐ傍なので)。

という訳で、中央道沿いの温泉をネット検索。

ありました。
河口湖IC傍のふじやま温泉

東京はうんざ〜〜〜〜〜りな灼熱であったのに、♬中央フリーウェイ 右に見える競馬場〜♬途中から雨が降り始め、山梨はしっとりと涼しい風が吹いていたのであった。
1時間程走っただけで、こんなにも気候が違うものなのか。

ふじやま温泉は、とてもいい施設であった。
お湯は少しトロン…とした感じ。
広々としていて清潔。
タオルと室内着がついていて、平日¥1500、休日¥2000。

私はリフレクソロジー&ボディマッサージもしてもらった。
はぅ。。。
極楽…。

富士吉田が近いし、うどんを食べるか?とも思ったのだが、店の検索をしていかなかったので温泉だけで帰ってきた。
河口湖も見ず。
ヘタレなふたり…。

ま、温泉の為だけに中央道を飛ばすのもよかろう。

いい休日(半日)でありました。
[PR]
by contenta | 2009-07-31 16:17 | 徒然

やられた…

番組の最後に流れたのが、高原でキヨシローとチャボが歌う『君が僕を知ってる』であった。

やるときゃやるのね、フジテレビ。


[PR]
by contenta | 2009-07-28 02:11 | 心に残ったもの

キヨシロー観てます

フジテレビでやってます。

このナレーション、三浦友和サンかな。
なんだか、いい。
とても、いい。

それにしてもこうやって映像を観ていても、もう胸が詰まったりはしなくなったなあ。
ただただ、“カッコいい!”と惚れ直すだけ。
聴き惚れるだけ。

キヨシロー。
と、心の中でそっとつぶやくだけ。

意外にヤバいのは、キヨシローのことを友達と話す時なんだな、と最近自覚した。
私の中の奥底にある何かが震えてしまうのだ、未だに。

おっと。
タイマーズの♬FM東京〜〜♬までやっている。
よくこれを出したな。
まあ、でも、やっぱり確信犯的なんだよね、テレビって。
と改めて思った。


ところで私は今、このキヨシローの番組を、仕事部屋に置いてあるちっこいテレビデオ(既にビデオは崩壊)で観ているのである。

なんでかというと、でっかい方のテレビは相方に占領されているのだ。
そして相方が何を観ているかと申せば。

BSでやっている『ガンダム特集』なのであった。

エヴァンゲリオンも劇場に観に行っていたし(独りで)。
最近、深夜にやっているエヴァンゲリオン連続放送も欠かさず観ているし(独りで。私はかまわず爆睡)。

どこぞに設置されているとかいう、ガンダムの等身大立像を観に行きたい!とまで。

えぇええええええええ〜〜〜〜〜?!
そんなに好きだったの、か…?!

うちの相方、メカ・オタだったの、か…!!
およよよよ………
[PR]
by contenta | 2009-07-28 01:40 | 徒然

おむすびを食す

本日も、祭囃子は鳴り止みません。

友人も同じ症状で39度の熱が出ているそう。
あらららら………
お大事にね…!

私は微熱程度なのですが、胃腸にくる夏風邪が流行っているのですかね?

今日はラフを2点ファックスしたあとは、ぐ〜たらだらだら…としていました。
ふとつけたテレビに映っていたのは佐藤初女さん。
“森のイスキア”、“心をつなぐおむすび”の方ですね。

番組後半の30分程を観ただけでしたが、妙に心に響くドキュメンタリーでした。
絶妙のタイミングで観られたような気がしています。

何と言っても心を惹かれたのは、佐藤さんや森のイスキアを訪れる人たちが作っているおむすびが、とてもとても美味しそうだったのです。
(お囃子中なくせに、食い意地が張っている私…)

おむすびに限らずどの食材にも心からの感謝を表していらして、そしてとてもとても丁寧に作っていらっしゃった。
その佇まいに、観ているこちらも心が静かになったのでした。

料理好きな私ではありますが、忙しいとつい『とりあえず、作っとくか!』という態度であったなあ…。
チャッチャカチャッチャッッチャ…!って感じになりがちでありました。
うむむ、反省。

反省したついでに、という訳ではないのですが、無性におむすびが食べたくなり、早速に作りました。
一瞬、“祭囃子”の単語が脳裏を過ったのですが、食べたいものは食べたい。
押さえきれないこの気持ち。
という感じでございました。

昨日届いたばかりの、相方のご両親が送ってくださった美味しいお米があったのも、なんというグッド・タイミングでありましょうか。
愛の詰まったお米です。

それを丁寧に磨いで炊き、炊きたてのホカホカのを佐藤さんがやっていらしたようにむすびました。
佐藤さんの具は梅干しでしたが、私は梅干しとおかかを醤油で和えたもの。

出来上がったふっくらとしたおむすびを、はむ…っ!と一口。
すると、なんだか久しぶりにほんわか〜……と、温かな気持ちになりました。

あとはただ、はむはむはむはむはむ……………。
と無心で食べてしまいました。
おむすびに向き合って。
ふたつも。

あれ?
食べ過ぎですか…?

でもワクワクした気持ちで食べたいものを戴く。
これこそが、病を治す一番良い療法かもしれません。

疲れた時は、自分でおむすびを結んで食べてみたらいいかもしれないですね。
コンビニで買うおにぎりとは全く違いますよ〜。

佐藤初女さん、それから相方のご両親様、勿論相方にも、感謝感謝です。
ありがとうございました。
[PR]
by contenta | 2009-07-24 18:36 | 美味しいもの

鋼鉄の胃腸、壊れる、の巻

自他共に認める鋼鉄の胃腸のわたくし。
バリ島に行って、生水飲んでも屁でもない。
昔、焼肉屋で食べた生牡蠣に全員があたった時も、私だけ大丈夫だった。
という強者なのでございまする。

なのに、この4日ほど、お腹で祭囃子が聞こえます…。
祭囃子が止まりません。
たまに絞り出すような胃の痛みにも襲われます。

た、たすけて〜〜〜〜〜(汗::

食べ過ぎか?と思いました。
夏バテか?とも思いました。
外食続きだったので、何かにあたったのか?とも思いました。

嗚呼、きっとストレスの所為だわ…、と弱ぶってもみました。

でもこれ、きっと夏風邪ですね。
ネットで調べてみて、そう確信しましたよ。

夏風邪、胃腸にくるらしいです。

どうぞみなさんもお気をつけくださいましな。

つか、こんなもの書いていないで早く寝ろよな、って話なんですがね。


ちなみに。
流石に食欲もなく、いつもの1/10くらいしか食べてないんですわ。
しかも祭囃子だしな。
さぞ痩せていることであろう!と嬉々として体重計に乗ったらば。
1gも減っていませんでしたとさ。

なんでよ?!
[PR]
by contenta | 2009-07-24 03:14 | 徒然

続く!外食、の巻

昔は外食&外飲みが多かった私であるが、この2年あまり家ゴハンがほとんどである。
元々の出不精に拍車がかかっているようだ。
最近、外食は月に1〜3回くらいではなかろうか。
が、しかし。
どういうわけか、このところ外食機会急増。

13日月曜は親戚と、またしてもの神楽坂ARBOL。
たっぷり食べて食べて食べて、ワイン、スプマンテ、シェリー酒を計7杯飲む。

翌日は当然の如く怠かったので、家でだらだらとお茶漬けをすすっていた。

昨日の水曜は銀座villa mouraで編集さんとランチしつつ打ち合わせ。
前菜、たっぷり魚介のトマト煮込み、パン、デザート、コーヒーで¥1200というお安さ。
そして勿論とてもとても美味しかった。

そのあと展覧会を回り(山種美術館とワタリウム)、喉が渇ききったので外苑前のカフェでビールとスプマンテをゴクゴクゴク〜〜〜〜っと飲み、サーモンの生春巻きをつまんで帰ってきた。
独りで。
(オッサンか?)

今日は疲れて家ゴハン。
昼は素麺(麺つゆの代わりに、豚肉・油揚げ・キムチスープの残りにキュウリ・茗荷・シソをたっぷりのせて)。
夜は雑穀ゴハン、茄子・油揚げ・葱のスープ。

明日は恵比寿で打ち合わせ後、広告代理店のデザイナーさんとディナー。

土曜は相方と花火大会。

日曜も相方と外出予定。

来週月曜は友人と中華街。

火曜は童美連の暑気払い会(予定は未定状態だが行くつもりでおります)。

あわわわ………。

腹が引っ込む暇がございません。

そしてそしてそして。
いったいいつ、わたくしは仕事をしたら…?
[PR]
by contenta | 2009-07-16 19:21 | 美味しいもの

HEAL THE WORLD〜Michael Jackson〜

この人の本質が、魂の輝きが分かる。
この曲を聴けば。
なんと繊細で美しい心を持った人であったことだろう。


[PR]
by contenta | 2009-07-12 02:18 | 美しいもの

英語では今をプレゼント(=present)と言う

ラヂオで紹介されていた文章です。
毎日の時間の使い方について、考えさせられました。

チェーンメールだそうですが、これはなかなか良い、覚えておこうと思ったので書き留めておきます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

次のような銀行があると、考えてみましょう。

その銀行は、毎朝あなたの口座へ86,400ドルを振り込んでくれます。

同時に、その口座の残高は毎日ゼロになります

つまり、86,400ドルの中で、あなたがその日に使い切らなかった金額は、すべて消されてしまいます。

あなただったらどうしますか。
もちろん、毎日86,400ドル全額を引き出しますよね。

僕たちは一人一人が同じような銀行を持っています。

それは時間です。

毎朝、あなたに86,400秒が与えられます。

毎晩、あなたが上手く使い切らなかった時間は消されてしまいます。

それは、翌日に繰り越されません。
それは貸し越しできません。

毎日、あなたの為に新しい口座が開かれます。

そして、毎晩、その日の残りは燃やされてしまいます。

もし、あなたがその日の預金を全て使い切らなければ、
あなたはそれを失ったことになります。

過去にさかのぼることはできません。
あなたは今日与えられた預金のなかから今を生きないといけません。

だから、与えられた時間に最大限の投資をしましょう。

そして、そこから健康、幸せ、成功のために最大の物を引き出しましょう。

時計の針は走り続けています。
今日という日に最大限の物を作り出しましょう。

1年の価値を理解するには、
落第した学生に聞いてみるといいでしょう。

1ヶ月の価値を理解するには、
未熟児を産んだ母親に聞いてみるといいでしょう。

1週間の価値を理解するには、
週刊誌の編集者に聞いてみるといいでしょう。

1時間の価値を理解するには、
待ち合わせをしている恋人たちに聞いてみるといいでしょう。

1分の価値を理解するには、
電車をちょうど乗り過ごした人に聞いてみるといいでしょう。

1秒の価値を理解するには、
たった今、事故を避けることができた人に聞いてみるといいでしょう。

10分の1秒の価値を理解するためには、
オリンピックで銀メダルに終わってしまった人に聞いてみるといいでしょう。

だから、あなたの持っている一瞬一瞬を大切にしましょう。

そして、あなたはその時を誰か特別な人と過ごしているのだから、十分に大切にしましょう。
その人は、あなたの時間を使うのに十分ふさわしい人でしょうから。

そして、時は誰も待ってくれないことを覚えましょう。
昨日は、もう過ぎ去ってしまいました。
明日は、まだわからないのです。今日は与えられるものです。

だから、英語では今をプレゼント(=present)と言います。
[PR]
by contenta | 2009-07-11 23:54 | 心に残ったもの