ブログトップ

ひねもす のたりのたりかな

cosmico.exblog.jp

初台のカフェ

友達が、京王新線初台に可愛らしいカフェを作りました。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

<MARU cafe>
〜アジア料理と国産小麦のお菓子〜

11:30〜21:00
火曜定休

電話:03-5351-9178

住所:渋谷区初台1-11-12
京王新線・初台駅下車 南口
商店街のセブンイレブンを右に入り、少し行った左側

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

c0149898_20542060.jpg
c0149898_2054382.jpg


こじんまりとした、居心地の良い店です。
近くにいらっしゃることがあったら、是非寄ってやってくださいませ。

ひとりでやっているので、ランチ後、買い物などで外出していることもある為、確認していかれた方が安全かと思います。

よろしくお願い致します!
[PR]
# by contenta | 2009-08-17 20:57 | 美味しいもの

平和について思うこと

以前頻繁にバリ島に行っていた時に仲良くなったバリ人が私を連れて行ったのは、戦争で亡くなった沢山のインドネシア人が眠る墓地でした。
私は無数の墓碑を前にして、何も言うことが出来ませんでした。
彼らもずっと無言でいました。

過去のことで謝罪するべき事はきちんと心からの謝罪をし、互いを許し合うことが出来れば、と思います。

昨日NHKで「日本で核を持つべきか、持たざるべきか」という討論番組をやっていましたが、「持つべき」と声高にいう人々がいることにビックリしました。
そういう中には元自衛官や医師、若い女子大生もいました。

私は真の平和とは何かをちゃんと考えたい。
そして願いたい。

オノヨーコが言っていました。
「私がたくさんの『アイラブユー』を言うのは、ジョンにもっともっとたくさんの『アイラブユー』を伝えたかったから。愛している人に『アイラブユー』というとき、あなたはそれを愛している人に対してだけでなく、この惑星、そして宇宙に言っているのだということを知っておいてください」

「そんなにすごいことはやらなくていいのです。できることをやりましょう。例えば、朝起きるときに「PEACE」と言ってみましょう」


まずは自分の内側を愛と平和で満たそう。
怒りや悲しみ、嫉妬や黒い気持ちを掃除しよう。
そして一番身近にいる人に『アイラブユー』と伝えよう。
抱きしめよう。
パートナーや家族、そして友人たちに。
そういう愛が、じんわりと大きく育っていって、いつか世界へと広がっていくのではないだろうか。




Imagine there's no Heaven
It's easy if you try
No Hell below us
Above us only sky
Imagine all the people
Living for today...

Imagine there's no countries
It isn't hard to do
Nothing to kill or die for
And no religion too
Imagine all the people
Living life in peace

You may say I'm a dreamer
But I'm not the only one
I hope someday you'll join us
And the world will be as one

Imagine no possessions
I wonder if you can
No need for greed or hunger
A brotherhood of man
Imagine all the people
Sharing all the world

You may say I'm a dreamer
But I'm not the only one
I hope someday you'll join us
And the world will live as one


想像してごらん 天国なんて無いんだと
ほら、簡単でしょう?
地面の下に地獄なんて無いし
僕たちの上には ただ空があるだけ
さあ想像してごらん みんなが
ただ今を生きているって...

想像してごらん 国なんて無いんだと
そんなに難しくないでしょう?
殺す理由も死ぬ理由も無く
そして宗教も無い
さあ想像してごらん みんなが
ただ平和に生きているって...

僕のことを夢想家だと言うかもしれないね
でも僕一人じゃないはず
いつかあなたもみんな仲間になって
きっと世界は1つになるんだ

想像してごらん 何も所有しないって
あなたなら出来ると思うよ
欲張ったり飢えることも無い
人はみんな兄弟なんだって
想像してごらん みんなが
世界を分かち合うんだって...

僕のことを夢想家だと言うかもしれないね
でも僕一人じゃないはず
いつかあなたもみんな仲間になって
そして世界はきっと1つになるんだ
[PR]
# by contenta | 2009-08-16 10:29 | 心に残ったもの

お約束の

二日酔い。
ゾンビなアタシ。

そんな私を尻目に相方は横浜へ飲みに行った。
帰宅は朝になるであろう、とのこと。
今晩、私はこの家に独りなの〜、という夜に起こったちょっと怖い話なんぞをおひとつ。
夏だしね。


夜になってなんとか復活、鎌倉の友とskypeやっていた私。
skypeなんで、当然相手が見える状態で話していたわけですわ。

そしてですね。
ちょっと飲み物を取ってくるわ、と席を立って戻ってくると、友がこう言いやがったのです。

「あれ?いま戻ってきたの?」

「ん??そうだよ?」

「あれ〜〜???えんじ色の服をきた女の人が、そこに座っていてさあ、田代かな?と思ったんだけど、なんかちょっと違う感じだったんだよね」

私はオレンジ色のキャミを着ていたので、えんじ色に見えなくもないんだが…。

「いや、違う。もっとシャツっぽいやつで…」
「フッと出て、フッと消えたような…?」


いやぁあああああああ〜〜〜〜〜〜〜



つまり、なんですかい?
いま、私が座っているこの椅子に、誰か別の人が座っていた、と………?



いやぁあああああああ〜〜〜〜〜〜〜



「ん〜、でも嫌な感じはしなかったから、大丈夫大丈夫…!!」

いえ、大丈夫じゃないんで。
今日、相方帰ってこないし。
私、この家に独りだし。


久々の、チキン肌になりました。

ちなみにその後、貞子ゴッコなぞして遊んでみました。
そして余計に怖くなりました。

阿呆です…。
[PR]
# by contenta | 2009-08-09 23:59 | 徒然

茅ヶ崎花火、行ってきました

イタリアで知り合って早18年(?)。
うわ〜、もうそんなに経つのかあ。
と、ちょっとびっくり…な、茅ヶ崎在の友人夫妻にお誘い頂き、初めて茅ヶ崎花火大会へ。

マンションのベランダから花火が見えるという、なんともラクチンで豪勢な会であった。
花火も素晴らしいんだが、用意してくださった手料理の数々に完全にノックアウトされた。
友人も料理上手、そしてプロの料理人さんまでいらしていて、酒池肉林の如し(違うか?)。
総勢10数人、食べて食べて飲みまくる。
食べて飲むのに夢中で、またしても写真撮らず。

焼き枝豆
ガスパチョ
レバーと砂肝(ペーストでなく、ちゃんと形が残っているヤツ)をプランスパンに乗せて
タンドリーチキン
ジャガイモとベーコンにカリカリパン粉をまぶして
生ハムメロン
パエリア
酒(ワイン・スパークリングワイン・日本酒・カクテル)
などなどなど…

美味しくて満たされました。
そして、花火も美しかった。

至福の、夏の休日でした。
ありがとう!
[PR]
# by contenta | 2009-08-08 23:59 | 美味しいもの

花束

いま描いているのは、昨日編集さんに頂いた花束。
ありがとうございます!!
c0149898_17203114.jpg

セルリア・カーネーション(ダークテンポ)・ブラックベリー・アフリカンブルーバジル
[PR]
# by contenta | 2009-08-07 17:22 | 美しいもの

美味しいお知らせ

美味しいものつながりの友人から、こんな素敵なお知らせを頂いたのでご紹介しますね!
私も是非伺いたいと思っています。

主催の丹田いづみさんは本も出していらっしゃいますね。

家庭で作るポルトガル料理―魚とお米と野菜たっぷり

丹田 いづみ / 河出書房新社



*〜**〜**〜**〜**〜**〜**〜**〜**〜*

ポルトガル料理研究家・丹田いづみさんが
9月4日(金)、5日(土)、6日(日)の3日間、
鎌倉のまじょえんで、レストランをいたします。

時間は12:00からと14:00からの1日2回
料金は税・サ込みで3000円

献立はその日の仕入れ状況で変更がありますが、

干しダラのコロッケ、マリネなどの前菜
季節の野菜のスープ
タコのリゾット
豚肉と栗のロジョイス
デザート(数種から一品)
コーヒーか紅茶
ベアフェットベーカーの窯焼きパン

そのほか、
ポルトガルワイン
ビール
羊乳のチーズ
なども別料金で用意しています。

場所:鎌倉市扇ガ谷1−8−4鎌倉まじょえん内

予約・問い合わせはinfo☆boaboca.com
(☆を@に変えてください)

または電話075-751-1222ボアボッカまで
[PR]
# by contenta | 2009-08-07 15:27 | 美味しいもの

新潟の茶豆

ビール片手に枝豆を貪り食い、阪神戦(阪神が勝っている時に限る)を観るのが幸せな夏の過ごし方。

どのくらい貪り食うかというと、ひとりでどんぶり1杯は軽〜く食べます。
居酒屋でチマッと出されるやつの、10倍くらいか?
いや、もっとかもしれない。
夕食は枝豆だけでもいい。
そのくらい、好き。

従兄弟も送ってくれるし、自分で買う必要は無いであろうと思いつつ、やっぱり今年も買いました。

私が購入しているのはこちらの朝取り くろとり茶豆
食いしん坊の友人たちもこぞって注文しています。

美味しいですよ〜。
[PR]
# by contenta | 2009-08-05 17:07 | 美味しいもの

追悼:清志郎の本

次から次にいろいろ出てくるなあ…、と思いながら、ついつい買っている次第でございまする。

最初は勿論これ。
涙なくしては読めませんでした。
とりわけチャボへのインタビューが切なくて。
たまらなかったですねぇ….

忌野清志郎1951-2009

ロッキング オン



そしてこれ。
大久保ひさこさんの写真がいいんですよね。
“あのお別れの日、久しぶりに再会したリンコさんとチャボは、ずーっと手をつないだまま、清志ちゃんに話しかけていました…”
グッときました…。

忌野清志郎 ~ 永遠のバンド・マン [雑誌]

ミュージックマガジン



TVBros.はこのクオリティで¥300。
なんて太っ腹なんだ!

TVBros.増刊 みんなの忌野清志郎 2009年 8/29号 [雑誌]

東京ニュース通信社



こちらは昨日アマゾンから届きました。

ロック画報 (10)

ロック画報編集部 / ブルースインターアクションズ


すごいぞ、ロック画報。
何がスゴイって、初期の未発表曲などが6曲も入っているCDがついておるのです。
お宝。

RCは昔からRCであった、と。
当たり前なんですが、改めてそう思いました。
骨太でひたすらカッコいいんです。

ロッキングオンのはあっと言う間に読み尽くしましたが、他のはゆっくりゆっくり読んでます。
大事に、読んでます。
[PR]
# by contenta | 2009-08-04 02:24 | 心に残ったもの

気になるCu-Cal

Cu-Calが気になるのである。

「食で地方からニッポンを元気にしよう!」がスローガンだそうな。

以前は軽井沢のみであったようだが、今年は山中湖や奈良でも行われる。

シェフズテーブル、なんて美味しそうなんだ!
通いたいくらいだ。
しかし軽井沢はすでに予約完売。
山中湖のはまだ余裕あり。
思案中。
[PR]
# by contenta | 2009-08-03 14:31 | 美味しいもの

『おひさま』9月号

大島弓子氏のチビ猫(綿の国星)が載っていた頃からの『おひさま』(小学館刊)ファンであった。
そしていつかここに描きたいと思っていた。

最初に営業に伺ったのは何年前であったか。
その頃はまだ、“絵本を描いていく”という明確な意志や強い思いがなかったと思う。
いやまあ、今もキッパリ言い切れる程の強い気持ちがあるんだか、ないんだか。
いつだって迷路に迷い込んだような心細さはある。
これを書くと笑われるに違いないが、未だに「絵でやっていけんのかよ〜?」と思うし。
いや、本当にそう思うんですよ。
特に最近は自信の無さ全開だ。
なんで思うように描けないんだろう?と途方に暮れてばかりいる。

それでも大学を卒業した時に“一生、絵だけで食っていく”とだけは決めたので、そしてそれは今でも変わらないので、超スローペースながらも続けている次第。

さて、そんな私が『おひさま』に営業に行く事、2回。
二度目は半年ほど前であったか。
この時は小学館の別部署に売り込みに行く友達の付き合いで行って、そのついでに『おひさま』の編集さんに絵を見て頂いたのであった。
“バリバリ売り込みにきました!”ではなく、この緩い感じが良かったのであろうか?
今回のお仕事へとつながったのである。

編集さんからご連絡を頂いた時は嬉しかったなあ!
わぁ〜〜〜〜!と思って。
やったあ〜〜〜〜〜!!と思って。
あのワクワクウキウキした気持ちは忘れないでいたいと思う。

編集さんに助けて頂きながら描いたのは『したきりすずめ』。
文章は三木卓先生。
三木先生の優しいリズム感のある文章を壊す事無く描けたであろうか?
子供たちは楽しく読んでくれるかな?

出来上がった本を手に“いまだったら、もっとこうしたな”とか“ああ、ここは弱いな”など反省もするが、『おひさま』に自分の絵が載った事は素直に嬉しい。

ご笑覧頂ければ幸いです。

c0149898_2151867.jpg

[PR]
# by contenta | 2009-07-31 21:51 | お知らせ